スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no.39 プルマンについて

プルマンの練習をしています。

認定試験に再チャレンジするためです。


PB180385.jpg
これがプルマン。生クリームが入って美味しい角形食パンです。(この日のプルマンは角が尖りすぎ?)

先日のキッチン*コミュニケーションでのパンインストラクター認定試験の日、自宅で焼いてスタジオに持参し、先生に提出しました所、「ちょっと重いかな~」と先生

PC070733.jpg
↑1.5斤用のこんな型に入れて焼くのですが、
1.5斤と言っても売っているお店によって型の大きさがまちまちなんです。

私は購入後、型に先生のレシピの生地全量を入れて焼いてました。

でもそれではダメ
ちゃんと計算して、生地量を確認することを省いてはいけませーん☆


私のプルマンは型に対して生地が多かったので、少しキメが多く詰まった感じで重かったのです。


型の総容積÷型比容積の数値=生地量  という計算式があります。(インストラクターの皆さんはご存知ですが)

型に水をいっぱいまで入れて、その水の重さを量ります。つまりそれが総容積です。
私の型は1800g。

型比容積の数値は、山食なら3.6。角食なら3.8。最近はもっとソフト感を求める方も多く、4.0でもよいそうです。
お好みです。

ということで、私の型の生地量は、1800÷4=で450gということになります。


先生のレシピは生地量が600gなので、今日は残った生地150gにりんごジャムりカスタードクリームを巻いてミニ角食を作りました。(ただ今進行中↓)どんな仕上がりになるか…
PC070756.jpg

プルマンは現在ホイロ(二次発酵中)です↓
PC070755.jpg
蓋を少し開けて、ちゃんと生地が上まであがってきているかどうか確認しながらの作業です。
型の8割くらいまで上がってきたらカマ(焼成)に入ります。
この見極めがなかなか難しいです。

「さあ焼こう!」という判断が遅れると、上がり過ぎて角が尖ったプルマンになってしまいます。
ある程度の丸みも必要なんですよね。


上手く焼けるかな~見極め頑張るぞ!









コメントの投稿

非公開コメント

No title

さ初めまして♪
凄い!やはりインストラクター目指してる方は違いますね
とっても美味しそうなプルマンです(*^^)
私もパン作りに興味がありますが自己流で焼いてて
教室に通った事がないので、上手く行きません。
でも、お家で食べるならこれでいいっか~って感じです(^_^;)
型の総容積÷型比容積の数値=生地量って参考になります。
頑張って合格してくださいね~♪

白くま母ちゃんさん

初コメント、まことにありがとうございます!!
ご覧のとおり、パンと中華専門ブログです。
白くま母ちゃんさんのブログを拝見してびっくり!
お仕事されているのに、毎日あ~んなに素敵な晩御飯を作られて、ご家族はホント幸せですよね☆
私は中国人夫と結婚後、和食を作る機会が減りました。でも私が作る和食に工夫が足りなかったのかも。
なんだか目が覚めました。子供のためにも、もう少し和食ごはん頑張ります!
sidetitleプロフィールsidetitle

uemonです☆

Author:uemonです☆
中華が得意なパン講師です。父手作りのログハウスで、日・月・火曜日にパン教室と中華教室を開講中。公共施設を利用した親子教室もしています。お気軽にお問い合わせください。
そして金曜日はパン販売をしています!みなさまのお越しをお待ちしております♪

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleお問合わせsidetitle
sidetitle検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。