スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no.20油菜 炒墨斗(チンゲンサイとイカの炒め物)&父の釣果

ごくシンプルな炒め料理、
油菜 炒墨斗(チンゲンサイとイカの炒め物)です↓
CIMG1703.jpg
とてもご飯がススム



スーパーによく売っているヤリイカとチンゲンサイです。
唐辛子、生姜、ニンニクをを炒めて、イカを投入後、酒を少々入れて炒めます。
花椒、トリガラスープの素、塩、チンゲンサイを加え、少しトロみを付けてできあがりです。


中国の人、あまり細かいことにはこだわりません。

日本人のように何かをはっきりと区別したり、物の名前をちゃんと覚えたりはしないようです。

「大きいイカは鱿鱼、小さいのは墨斗。どっちかでいいんだよ。」とか、

魚の話になると、「名前?よくわからん!」と言います…

夏さん(義母)も、肉の部位の区別は肥肉か痩肉か…くらいですし、
小麦粉の種類(強・中・薄)も、なーんでもいいのよと言っていました。

つべこべ言わない夏さん。
なんでも美味しくまとまるからすごいんですよね。



ところで、今日も父は甥と連れ立って出航
釣果は、

ハマチ3本
太刀魚
フグ
だそうです。

ハマチ一匹をお刺身にしてくれました。ツマまで別容器に作ってくれて
CIMG1676.jpg


この日は、6階のN川さんご夫妻の14年目の結婚記念日だったそうです。
N川さんはハマチが好物とのこと。
oh---いいプレゼントができました。
今まで食べた中で一番!という位おいしかったと喜んでくれました。

私は、自分では絶対ハマチは買わないのですが、父が釣ったハマチはいくらでも食べられます。
新鮮なハマチってこんなに美味しいのですね、有難や有難や




自分でお魚をさばけたらいいな~と思いません? 私は思います

さばき方を父に聞いたことがありますが、上級者用の答えです。

説明が簡潔すぎてよくわかりませ~ん

いつか、mihokoさんに教わりたいです!絶対おもしろそうだから!

mihokoさんは、キッチンコミュニケーションのお魚クッキング担当の講師さんです
別名、「美しすぎるお魚屋さん」です。

ある日のレッスン風景↓(先生画像お借りします)
kodomosaka_2.jpg      nannbannduke.jpg
楽しそうでしょう?

以前、ご一緒した時に、「私がもしパン教室をすることになったら、お魚料理の出張教室してくれませんか
なんてお願いしてみたことがあります。

実現したら楽しいだろうな~

またその時はよろしくお願いします~

ご訪問ありがとうございました。











コメントの投稿

非公開コメント

お父さん、凄いですね!
かなりの釣りプロなんですねー!
記事に載せていただきありがとうございます(*^^*)
いつも美味しそうな中華料理、教えて欲しいです!今度のイベントには用事で行けないけど…(T-T)是非、自宅で定期的に開講してくださいね♪
着々と進化中のウエモンさんに良い刺激を貰えます、ありがとうございます!

mihokoさん

父は、もう若いころからずーっと釣りをしています。
働き盛りの時期は釣りに行く時間がなかったので、退職後にボートを買って釣りライフを楽しんでいます。
冬場はお休みだそうですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

uemonです☆

Author:uemonです☆
中華が得意なパン講師です。父手作りのログハウスで、日・月・火曜日にパン教室と中華教室を開講中。公共施設を利用した親子教室もしています。お気軽にお問い合わせください。
そして金曜日はパン販売をしています!みなさまのお越しをお待ちしております♪

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleお問合わせsidetitle
sidetitle検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。